【新体操用フープを1本巻くのに必要なテープの長さ】はこの数式で計算できます

しばしばいただくデコレーションテープに関するお問い合わせのうち一番多いのが「テープはどのくらいの長さが必要ですか?」というもの。

当ブログでもテープに関する記事「デコレーションテープが計り売りになりました!&フープ用テープTipsその1~必要な長さは?ほか」はフープの回し方に次いでかなりの高アクセス数となっています。

昨日もお問い合わせいただきましてご返信差し上げましたが、docomoメールのため返信がエラーで戻ってきてしまいました(携帯メールからお問い合わせの際はhooptokyo.comからのメールが受け取れるように指定解除下さい)。

そこで公開回答&ついでに必要な長さの計算式も再掲します!!
 
A.I さま

 

こんにちは、フープ東京です。
お問い合わせありがとうございます。

テープの用尺はフープの太さ・大きさによって異なります。
たとえば、【直径65cm、チューブ径2.

0cmのフープに幅2.5cmのテープを、3mmずつ重ねて巻く場合】
65×2.0×3.14×3.14/(2.5-0.3)=582.6

 

フープ一本当たりの用尺は5m83cm となります。
ご参考になさって下さい。


デコレーションテープが計り売りになりました!&フープ用テープTipsその1~必要な長さは?ほか」でも解説していますが、テープの用尺は下記の要領でだいたいの数量が求められます。

【直径】×【チューブの太さ】×3.14×3.14÷(【テープの幅】-【重なり幅】)=用尺
※単位はすべてcmです


たとえば、【直径75cm、チューブ径2.0cmのフープに幅2.5cmのテープを、3mmずつ重ねて巻く場合】

【直径75cm】×【チューブの太さ2.0cm】×3.14×3.14÷2(【テープの幅2.5cm】-【重なり幅0.3cm】)=672.2cm

 

フープ一本当たりの用尺は6m72cm となります。



上の例では重なり幅3mmとかなり重ねてしまっていますが、慣れている方でしたら重なり幅1mm程度で巻けると思いますし、不慣れな方は長さに余裕をもってテープを準備されるとよいでしょう。
お手持ちのフープの大きさと太さを測って、計算式に当てはめてみてください。

フープ東京では無料でテープのサンプルをお届けしています
(6種類以上は有料)。
サンプル請求はオンラインショップよりどうぞお気軽に!
必要な分量だけお求めいただけるフープ東京オンラインショップをぜひご利用ください。

 

►アイキャッチ効果ピカイチ!ホログラムテープ一覧►

 

►大粒グリッターと際立つ発色の良さ!グリッターテープ一覧►

 

►定番!プリズムテープ一覧►

 

►反射率で選ぶなら!ミラーテープ一覧►

 

 

商品サンプルの動画もあります。ご参考になさってください。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA