デコレーションテープが計り売りになりました!&フープ用テープTipsその1~必要な長さは?ほか

いままで一部商品のみを対象としていたテープの計り売り制を、全デコレーションテープ(グリッターテープ、プリズムテープ、ホログラムテープ、ミラーテープ)に導入しました!

必要な分だけおもとめいただけます。
フープのリペアやDIYのほか、ショーや新体操の試合などに向けたデコレーションチェンジに、どうぞご注文ください。
※計り売り対象となるのはデコレーションテープのみとなります。裏にはくり紙のついていないガファーテープ、ビニールテープは従来通り一巻ごとの販売とさせていただきます。

→テープ一覧はこちら

フーパー的に目下の一押しテープはカラーシフティング効果のあるホログラムテープです。

【1mからカット売り・新体操用手具に巻きやすい細幅!】ホログラムテープ・ブルースカイ・細幅2.0cm

h-bluesky00


こちらのテープはベースとなるフープの色がすこし透けるので、地の色を生かして巻くのがお勧めです。

デコレーションテープは無料でサンプル取り寄せが可能です。ショップのお問い合わせフォームをご利用いただくか、hoop@hooptokyo.comまでメールにてお届け先・お名前を明記の上、お問い合わせください。5種類までは無料、6種類以上のサンプルをご希望の場合は82円切手を添付した返信用封筒をご郵送ください。


さて、道具を自作されるパフォーマーやジャグラーの方、初めて試合を迎える新体操選手のお子さんをお持ちのお母さん方から、フープ用テープに関してしばしば寄せられる質問があります。最近もまたお問い合わせが続きましたので、ここではもっとも問い合わせ件数の多い2つのFAQについてまとめます。


【必要な長さは?】

フープのチューブの太さ、フープの直径によって値が変わります。
全体の用尺は 【フープの表面積/テープ幅】 で、およその数値が求められます。

たとえば、【直径75cm、チューブ径2.0cmのフープに幅2.5cmのテープを巻く場合】

フープの表面積(近似値):75×2.0×3.14×3.14/テープ幅:2.5

 

しかし、実際はテープとテープに隙間が生じないよう少し重ねて貼るので、重ね分をテープ幅実寸より引いたものをテープ幅とみなして計算しなおします。


【直径75cm、チューブ径2.0cmのフープに幅2.5cmのテープを、3mmずつ重ねて巻く場合】

75×2.0×3.14×3.14/2.2=672.2

フープ一本当たりの用尺は6m72cm となります。

器用な方やテーピングに習熟されている方は、重なり分0.5~1mm程度で仕上げることも可能ですが、初めて巻く方はゆとりをもってご用意されることをお勧めします。

【きれいに巻くには?】

フープは曲面でできているので、きれいに巻くにはコツがあります。

テープを軽く引っ張りながら(引っ張りすぎると千切れるので、力加減にご注意ください)、フープの外側にあたる部分は伸ばし気味に、内側にあたる部分は伸ばさずそのまま沿わせるように、指の腹をすべらせて巻いていきます。
フープに対してテープの角度を一定に保つことも重要です。

 

複数のテープを使って 【ストライプ状に巻く】 場合は、一本目のテープを巻く際に、間に挟まるテープがあることを想定し、その分の間隔をあけて巻いていきます。
テープ同士の重なり分も考慮して、テープ幅ぴったりよりも少し狭めの間隔をあけて巻いていくとよいでしょう。

巻き終わりが巻き始めにきれいに重なるようにするには、終わりの何巻き分かをテープ裏の台紙をつけたまま、フープに借りで巻いてみて、角度や巻き数を微調整してから台紙をはがし、本貼りしてください。

みなさんのお役に立てますでしょうか?
続きはTispその2「フープ用テープのTipsその2~テープのダメージを防ぐには?ほか」にて!


フープ東京では無料でテープのサンプルをお届けしています
(6種類以上は有料)。
サンプル請求はオンラインショップよりどうぞお気軽に!
必要な分量だけお求めいただけるフープ東京オンラインショップをぜひご利用ください。



►アイキャッチ効果ピカイチ!ホログラムテープ一覧►



►大粒グリッターと際立つ発色の良さ!グリッターテープ一覧►



►定番!プリズムテープ一覧►



►反射率で選ぶなら!ミラーテープ一覧►



商品サンプルの動画もあります。ご参考になさってください。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA