アラフィフ女性漫画家の美BODY!「フープダイエット」本撮影

竹書房「ウーマン劇場」にてコミックエッセイ「目指せ美BODY フープダイエット!」を連載されていた漫画家の柴田亜美先生
自らの体を張って臨んだこの10ヶ月弱の成果をカメラの前にさらす日がやってきました。


柴田亜美といえば『南国少年パプワくん』等の作者として90年代売れに売れた人気漫画家さんですが、そんな柴田先生もアラウンドフィフティ。
華奢な手足に比べ、食事制限による急激なダイエットのせいで胴回りは非常に残念な下腹・背肉ラインを形成していました。

これ以上どうにもならないのでは?
そんな状態からフープを始めて10ヶ月弱、出来上がったからだがこちらです。

画像2


ボン・キュ・ボンの見事な美ボディ!
不摂生な職業の代名詞である漫画家の、しかもアラフィフの女性とは思えない美しさです。

みぞおちから下がすっきりと整って、もとよりグラマーなバストがさらに美しく映え、ぽにょぽにょだった下腹もぺったんこに。
落ちにくい背中の肉だまりもすっかりなくなって、うつくしいくびれが出現しました。

さらに下半身もすっきりシャープになり、イタリアンマダムのような筋の入った膝下からひきしまった大腿、まるく持ち上がったヒップラインが実現しました。
か…完璧です。


わたしたちフープ東京はレッスンなどのちょっとしたお手伝いをしただけで、あとは柴田先生ご自身の頑張りによるものです。
そしてその頑張りは、どの世代のどんな方にも可能なものです。

今まであきらめていた方も、はじめてみませんか?


柴田亜美先生のビフォー・アフター写真も収録予定のエクササイズ本は来年2月下旬竹書房より発売予定です。
お買い逃し無く!


画像1

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA