フラフープ一回転=一 腹筋 のウソ。フラフープでシックスパックを作る、正しい方法とは

このところYouTubeやダイエット情報まとめブログなどで「フラフープ一回転=一 腹筋 」とうたっているのを見聞きするようになりました。
ピピピーーーッ!(ここでホイッスル)
まことしやかなその説は、ずばり誤り、間違いです。

当ブログはフラフープに関する誤った情報を駆逐することを信条のひとつとしています。
実際のところフラフープが腹筋群のどこに効くのか、そしてフラフープで腹筋を割るための方法を、本記事で解説していきます。


※当ブログ記事の剽窃が多数見つかっております。当ブログ記事の無断転載は固くお断りします。引用される際はその旨ご連絡のうえ必ず出典(フープ東京)を明記ください。

そもそも 腹筋 / 腹筋運動とは

腹筋と聞いてみなさんが思い浮かべるのは、4つあるいは6つに割れた、いわゆる【シックスパック】と呼ばれるあのお腹でしょうか。
それとも仰向けになって行う腹筋エクササイズ(シットアップ)でしょうか。

いずれにせよそこでフォーカスされているのは、腹筋群のなかでも【腹直筋(ふくちょくきん)】と呼ばれる部位です。
そしていわゆるフラフープ、つまり「ウエスト回し」では、腹直筋にはシットアップほど効かせられません。

バランスボールを使った腹筋
足を持ち上げてのシットアップは、腹直筋の下部にダイレクトに効きます。

腹筋 群のなかでフラフープが効くのは、腹斜筋と腹横筋

腹筋群の中でいわゆる「ウエスト回し」が効くのは【腹斜筋(ふくしゃきん)】【腹横筋(ふくおうきん)】。
上の図のうち右側三つに描かれている筋肉であり、見た目的にはウエストのくびれに関係しています。

フラフープのウエスト回しは脊柱起立筋や腸腰筋にも効く

「ウエスト回し」はトレーニングが難しい体幹の深層筋(インナーマッスル)である腸腰筋(大腰筋および腸骨筋)、美しい背中を作る脊柱起立筋にもアプローチできます。
教室の生徒さんから「しっかり立てるようになった」「姿勢が良くなった」「肩こりがなくなった」「後ろ姿がすっきりした」というフィードバックを多くいただくのは、そういった理由からです。

フラフープで 腹筋 を割るには

フラフープで腹直筋に効かせるなら、ずばり【仰向け】が一番です。

この投稿をInstagramで見る

フープ東京(@hooptokyo)がシェアした投稿

上の動画ですと、曲終わりのフリースタイルで片脚でのリンボーダンス状態(カバー写真の状態)になっているところですね。

あるいは、文字通り仰向けになってのこちら↓の動きも、腹筋を割るのに大変効果的です。

この投稿をInstagramで見る

Ayumi Mitake(@hoopayumi)がシェアした投稿

まとめ

「フラフープ一回転=一腹筋」…そこまで甘いお話ではないということがお分かりいただけましたでしょうか。
ただし上で解説したように、やり方を選べばフラフープで 腹筋を鍛えることは十分可能です。
筋肉を盛りたいのか、バランスよくボディメイクしたいのか。あなたの希望に沿ったやり方で実践していってくださいね。

HOOPING IN JAPAN

この投稿をInstagramで見る

フラフープパフォーマーMAEP🌟大道芸人(@hoopermaep)がシェアした投稿

VIDEO OF THE DAY

この投稿をInstagramで見る

Lila Chupa-Hoops(@lila_chupahoops)がシェアした投稿

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA